じょもらな日々

電脳硬化症気味な日記です。まとまった情報は wiki にあります。

2012.6.12 (Tuesday)

at 22:39  

一般向けコンテンツでの殺人描写を禁止   [提案]

 CATVの番組表を見てて、改めて思ったんだけど、ドラマや映画で、「殺人」だの「暴力」だの「セックス」だの「不倫」だの、そうした要素の多いこと。。。。 というか、そうした要素が含まれない Contents がほとんど無い。 violence と eroticism を取り除いたら、何が残るんだろう。

 「殺人」とか「不倫」とか、刑事的・道義的に実社会では禁止・疎まれていることが、どのChannelでも4時間毎ぐらいで発生している。そうした状況は、よく考えてみるとかなりな異常であり、それを異常と感じない私達の思考も異常なんだろうな、と思った。多分、子供の頃から見慣れすぎているんだよ…。
 それに、刀で人を斬ったり、拳銃で人を撃ったりする行為が、「カッコよく」描かれることが多いじゃん? 相手が悪人であれ、本来、それらは憧れの対象には成り得ないことなんだけど。そうした演出も、私達の神経を麻痺させるよね。TVゲームなんかは、感情移入を前提としたメディアだから、余計に影響されやすい。

 日本だと手軽に銃刀を所有できないから、そうした感覚を実社会に持ち込むには防波堤は高いけど、基本的には「わざと誘導して、後は、人間の分別に任せる」的な状況になっているとは思ふ。

 いっそ、そうしたコンテンツも全て「有害コンテンツ」化して規制したら、社会はどうなるかな? 時代劇や刑事ドラマ、アクション映画はほぼ全滅。
 人の意識が平和になって治安がよくなり、精神的に安定な人が増える? 逆に、ガス抜きがなくなって治安は悪くなる? Under-Groundが栄える?
 「表現の自由」と「社会倫理への影響」って、今のバランスでいいのかな?

[関連]
テレビが人間社会に及ぼす影響:社会学的研究の数々 « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム [2012/06/19]

意外な事実:子供向け映画で登場人物が殺される確率は、大人向け映画の3倍 | 「マイナビウーマン」 [2015/01/02]


« 国連報告「地球は既に限界点」…
歯磨きの時、コップが要らない歯ブラ… »
  trackback:    



Go back.