Last-modified: 2015-03-09 (月) 17:26:31 (2258d)

 アプリケーション用起動スクリプトです。/etc/init.d/ に配置した後、

chkconfig --add {filename}

してください。

Subversion

 Windowsで常駐させたい場合は、SVN Service Wrapper for Windowsでサービス化しちゃうと好いですね。

Xvfb

 仮想フレームバッファ対応Xサーバ。どうしてRPMパッケージに起動スクリプトが付属してないんだろう?(on RHEL4.2)

OpenOffice.org

 unoサーバとして、OpenOffice.orgを常駐させておきたい場合に使いましょう。このinitscriptは、startupOOo.shを起動・常駐するだけです。OOoの起動にはXサーバが必要なので、oooの前にXvfbが起動するようにします。

 15秒毎にOOoの起動をチェックして、プロセスが存在しなければ起動する。18行目の「HOME=/root」は「一度OOoのGUIを起動して、利用ライセンスを承諾したユーザのホームディレクトリ」を指定してください。.openoffice.org2ディレクトリがあるはずです。

Tomcat

  • chkconfigの設定
    • runLevel: 3 and 5
    • S88tomcat
    • K12tomcat

swatch

  • chkconfigの設定
    • runLevel: 2, 3, 4 and 5
    • S42swatch
    • K42swatch

glassfish

  • chkconfigの設定
    • runLevel: 3,5
    • S80glassfish
    • K20glassfish
  • process user: glassfish

添付ファイル: fileglassfish 2016件 [詳細] filesvnserve 2949件 [詳細] filestartupOOo.sh 3355件 [詳細] fileooo 3161件 [詳細] fileXvfb 3156件 [詳細] filetomcat 2880件 [詳細] fileswatch 2947件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS