がんばらない

電脳硬化症気味な日記です。まとまった情報は wiki にあります。

2020.6.12 (Friday)

at 13:45  

投資信託、売り時を逃した   [投資]

 「実体経済と株価の乖離が大きい」と、散々言われ続けているので、「今後、NYダウが下落したら、WealthNaviとつみたてNISAの投資信託を全部売却しようかな」とか、待ち構えてはいたわけですよ。でも、落ちるのが速過ぎて、全然対応できなかった! 待ち構えていたのに、気づくのが、あるいは行動するのが遅すぎた。

 なんというか、暴落と高騰がひどいというか、不活性なときは全然不活性だけど、こんなんで、企業は健全・安定な活動ができるもんなんでしょうか?
 為替や金利は、先進国間での差がどんどん無くなっていくでしょうから、リスクが減って安定する方向ですが、株価ってやつはど~なんでしょう? 大規模機械取引が問題なのか? 付和雷同する個人投資家が問題なのか? 株や投資活動って、本来どうあるべきものなんでしょうね。

[関連記事]
NY株、一時1400ドル安 感染「第2波」懸念:時事ドットコム [2020/06/12]
NY株暴落、1861ドル安 史上4番目の下げ幅 - 産経ニュース [2020/06/12]


« 有人戦闘機と自律型無人戦闘機の空中決闘 Clip to Evernote
F1 日本Gp 2020年は中止 »
  trackback:    



Go back.